アイピルは個人輸入で購入できる

アイピルは、アフターピルの種類の1つです。性交をしているときに、コンドームを装着していても破れてしまったり取れてしまったりすることがあります。そうなると、避妊の役目を果たさずに、妊娠してしまう可能性があります。妊娠してしまうと、中絶するにしろ出産するにしろ、体力的にも精神的にも負担が多くなってしまいますから、望まない妊娠を回避するためにアイピルを服用するといいでしょう。アイピルは、妊娠を回避するだけでなく、月経サイクルを調整する働きがあります。ホルモンバランスに作用する働きがアイピルにはありますので、生理を遅らせたいときや生理サイクルが乱れているので調整したいときに服用するといいでしょう。アイピルは、産婦人科の専門医に処方をしてもらって購入することができますが、個人輸入して購入することが可能です。アイピルの個人輸入は、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法的に認められています。個人輸入をする際には、医師の診察や処方箋がなくても購入できます。ただアイピルはホルモンバランスに作用する働きがあるので体調によっては嘔吐が起きることがあります。また、アイピルは薬の一種ですから、体質によって合う合わないということが起きる可能性がありますから、服用後に気になることがあったりした場合は、必ず早めに専門医に相談するようにしましょう。アフターピルは、妊娠を回避できる確率が高いですが、100パーセントではありませんから、妊娠したくないときに行う性行為には、必ずコンドームなどの避妊具を装着するようにしましょう。コンドームを使用することは、性病予防にもなりますし、お互いの思いやりと避妊について真剣に考える良い機会になります。
Read More