子宮内膜症は妊娠に影響が出る?

子宮内膜症とは、子宮内膜という本来は子宮内で増殖する上皮組織が子宮外で増殖してしまう疾患のことです。 子宮内膜症そのものは良性の疾患ですが、内膜が増殖していく時に転移したり湿潤したりするなどガンなどの悪性腫瘍のような性質を持つこともあるので注意が必要です。 発症しやすい場所は卵管や卵巣などの子宮近辺の組織ですが、腸や直腸などにも発症することもあります。 月経時に病巣部位から出血や組織の剥離などが起きるので、生理痛と似た症状が出ます。 子宮内膜は妊娠に対しても大きな影響を及ぼすと考えられています。 不妊の原因としては、調べても原因がよくわからないという原因不明の機能性不妊が最も多いのですが、その大きな原因の一つが子宮内膜症だと考えられています。 これは子宮内膜症を発症している患者さんの約半数が、不妊で悩んでいるというデータからも明らかです。 子宮内膜症になると卵巣に病変が生じたり(チョコレート嚢腫)、卵管や卵管采が癒着して卵子をうまく取り込められなくなる、プロスタグランジンやサイトカインの量が増加して受精卵に悪影響を与えるなど、女性が妊娠しにくい状態になることが不妊の原因となっていると考えられています。
Read More