エストロゲンとプロゲステロンを抑える緊急避妊薬アイピル

アイピルはピルの中でもモーニングアフターピルと呼ばれるタイプで、安く利用できるジェネリック薬品になります。
モーニングアフターピルは、国内でも処方されている、あすか製薬のノルレボ錠が有名ですが、アイピルを服用しても同じ働きがあるので、緊急避妊が必要なときは役立ちます。
避妊もしないままセックスライフを楽しむと、妊娠する可能性が高くなってしまいますし、もし妊娠したら、中絶をしなくてはならないので、体への負担が大きくなってしまいます。
しっかり避妊していたつもりでも、コンドームが破れているようなことはありますが、妊娠の可能性を回避するために開発されたアイピルを飲めば、緊急避妊が出来るので安心です。
アイピルの主成分はレボノルゲストレルといいますが、これは女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の混合剤で、緊急避妊に高い効果があります。
服用すると、脳下垂体に作用し、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を抑制することで、排卵が抑えられ、妊娠しにくい状態に導くことが出来ます。
またアイピルは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を抑制できるだけでなく、子宮内膜や頸管粘液の状態を変化させ、精子が子宮にまで入りにくくすることが出来ます。
結果、受精卵の着床も阻害できますから、さらに体が妊娠をしにくい状態になります。
緊急避妊をしたいときには大変重宝しますから、欲しいときはインターネットで個人輸入代行通販にアクセスするようにしてください。
個人輸入代行通販を利用すれば、わざわざ時間を作って病院に行かなくても、気軽に安価なアイピルを手に入れられるのでおすすめです。