アイピルの腹痛はいつまで続くのかというと

コンドームが外れてしまったり、ピルを飲み忘れるなど、万全の避妊対策をしていたつもりでも、失敗するようなことはあるので、そんなときはアイピルなどのアフターピルを服用し、妊娠を防ぐようにしましょう。
24時間以内であれば、95%以上の確率で避妊が出来ますし、72時間以内ならまだ十分に間に合う可能性があります。
国内で処方されているアフターピルのほとんどは、性交後72時間以内に1錠服用し、さらに12時間後に1錠を服用しなければなりませんが、アイピルなら2度飲まなくても、72時間以内に1度服用すればよいのでおすすめです。
その方が体への負担が少ないですから、アフターピルを選ぶときは、アイピルを購入するようにしましょう。
個人輸入代行通販を利用すれば、クリニックで処方してもらうよりも安く買えますから、費用を節約したい方は、インターネットで注文するようにしてください。

アイピルを服用すると、他の薬と同じように副作用がありますが、一番多いのは吐き気になります。
頭痛やめまい、腹痛などの症状が起きることもありますが、あまりに苦しいと、こんな状態がいつまで続くのだろうと不安になってしまうでしょうね。
いつまで続くのかというのは、人それぞれ違いがありますが、大抵は半日~1日程度で治まるので安心するようにしてください。
吐き気や頭痛、めまい、腹痛などの症状が続くと、苦しくて、起き上がれなくなることもありますが、いつまでも続くことはないので、具合が悪いときは無理をせずに横になって、休むようにしましょう。
ただし何日も吐き気や頭痛、めまい、腹痛などの症状が続いた場合は、早めにお近くのクリニックを受診することが大切です。
そのときはアイピルを服用したことを告げ、お医者さんの指示に従うようにしてください。