すぐにでも欲しいアイピル、医師の診断がないと買えない?

性行為の後に服用する、緊急避妊薬アイピルは、性行為の後、服用するのが早ければ早いほど、それだけ高い効果を発揮する薬です。
アフターピルとも呼ばれるアイピルは、避妊せずに性行為を行った場合や、避妊を失敗した場合に、性行為の後に服用することで、強制的に生理を誘発させて、望まない妊娠を回避する薬です。

 アイピルを含め緊急避妊薬は、医師の問診を受けるだけで、処方してもらえる場合も多いのですが、性交後すぐに、医師の診断をあおぐのは恥ずかしいと、受診を躊躇してしまう方も少なくありません。
本来であれは、病院で処方してもらうのが、アイピルを欲しい場合には、一番早い入手方法となります。

 そういった方には、万が一の望まな妊娠を回避するために、アイピルを常備されておくことをおすすめします。
前述しましたように、性交以後、少しでも時間を空けずに服用した方が、妊娠回避の確率が高まるからです。
医師の診察を躊躇される方は、アフターピルを個人輸入するという、入手方法もあります。
アイピルのジェネリック医薬品であれば、さらに安価に入手することが可能となります。

 アイピルは性交以後、24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用であれば75%の確率で、事後の避妊に成功するというデータがあります。
なるべく早く、性交後に服用するために、計画外の妊娠が心配な方は、やはり常備しておかれることをおすすめします。

 効果の高いアフターピルですが、副作用のひとつに吐き気があります。
服用後の吐き気を避けるために、アイピルは、食後に服用するようにしましょう。
服用後、身体に吸収されるまでに時間を要します。
万が一、3時間以内に吐いてしまった場合には、効果が期待できないため、再度1錠服用するようにしましょう。

▼アイピルの購入はこちらからどうぞ。
ピル 通販